人気を集めるスカイマークの秘密

【LCC スカイマーク】
LCCと言う言葉をご存知でしょうか。ローコストキャリア、つまりは格安航空会社の総称であり、その代表とも言えるのが「スカイマーク」です。不況の影響で冷え込んでいる旅行業界ですが、LCCの台頭でレジャーを控えていた人達も再び旅行に行くようになりました。中でもスカイマークは人気の航空会社になります。

【人気のスカイマーク】
LCCとしての知名度が上がるとともにスカイマークの航空チケットを求める人は増え、最近ではレジャーシーズンになると全路線なかなかチケットがとれないなんて状況になっています。一体何故、それほどスカイマークが人気を集めているのでしょうか。

人気の秘密は、やはり安さです。ANAやJALが快適なサービスや価値のある空間と時間の提供を経営理念としているのに対し、スカイマークは適正な運賃でサービスを提供する事を経営理念としています。ANAやJALを利用した事がある方ならば既にご存知でしょうが、国内大手の航空会社のサービスは本当に素晴らしいです。客室乗務員の教育は行き届き、出される機内食も文句がないものばかり。長いフライトになるので機内では映画が観られたりもしますね。飛行機の旅とは高級感がある快適なもの、そんな先入観を持っている人も少なくありません。しかしスカイマークは、その既成概念を覆す経営方針で空の旅を提供します。

【本当に高級路線が必要か?】
半日も椅子に座りっぱなしにならなければいけないような国際線ならばともかく、たった数時間のフライトしかしない国内線に、果たして今までのような高級路線は合っているのでしょうか。電車の固い椅子に2、3時間座りっぱなしなんて事はよくありますし、その際の暇つぶし用に本やゲーム機を自分で持っていくのは普通の事。食事だって、コンビニで買えば500円以下で済んでしまう。それならいっそサービスをカットしてくれて構わないから金額を安くして欲しい、と言うのが最近の考え方であり、スカイマークはまさしくその希望に添った航空会社なのです。

スカイマークは格安航空として知られるLCCに数えられる事が多いですが、スカイマークの運賃は「格安」ではなく「適正」と考える方が分かりやすいでしょう。適正な運賃で空の旅を提供する代わりに、価格以上のサービスは提供しない。不況の波を受けてレジャー費用を抑える傾向がある昨今では、そのようなスカイマークの経営方針がピッタリと合うのです。

投稿日:

スカイマークを利用する際の注意点

【リーズナブルな価格で空の旅を】
スカイマークと言えば、リーズナブルな運賃での空の旅が出来る航空会社です。拠点は羽田や神戸ですが、最近では沖縄や北海道まで全国各地に路線を延ばし、日本国内であれば大体の地域は対応しているので、出来るだけ旅費をおさえたいと言う人達に以前から愛用されてきました。

【お得なSKYバーゲン】
そんなSkymarkには様々なプランが用意されていて、それぞれに特徴や条件がありますが、出来るだけ安く利用したいと言う場合は「SKYバーゲン45」と「SKYバーゲン21」がおすすめです。これ等のプランはそれぞれ搭乗する45日前と21日前から予約する事が出来るプランで、早くに予約する分、割引価格でチケットを購入する事が出来ます。大変お得なプランなのですが、注意しなければならない事もあります。それは予約の変更が出来ないと言う点です。予定が変わる可能性がある場合は、SKYバーゲンを予約するのは避けた方が良いでしょう。

【価格が変動するいま得】
搭乗の3日前、あるいは1日前まで予約を受け付けているプランが「いま得」です。いま得の最大の特徴は、空席状況によって価格が変動すると言う点でしょう。SKYバーゲン同様、一度予約をしてしまうと後で変更する事が出来ない点は注意しなければなりませんが、驚くほど安くなると言うケースも多く、最近人気を集めているプランです。3日から1日前までの予約も受け付けているので、突発的に思い立って旅行に行く場合や、急な出張・帰省にあわせて使用する事も出来る、非常に汎用性が高いプランです。

【年齢にあわせたプラン】
スカイマークには「U21直前割」と言うプランがあります。これは満12才以上22才未満ならば利用出来るプランになります。搭乗日前日から当日予約することが出来るプランで、22才未満なら誰でも利用出来るので、受験や就活で利用出来ます。使えるお金が限られている若者には嬉しいプランですね。

「U21直前割」が若者向けであるのに対して、シニア向けの「シニアメイト1」と言うプランも用意されています。こちらは満60才以上の人が対象となるプランです。長年勤めた会社を定年退職した後の趣味として旅行に行くと言うご夫婦は多いですが、そのような方におすすめしたいプランですね。搭乗日前日(朝7時)から搭乗日当日まで予約することが出来ますので、旅行以外にも様々なシチュエーションで利用出来ます。

投稿日:

スカイマークのサービス内容

【適正価格で空の旅を提供するスカイマーク】
スカイマークはLCC(ローコストキャリア)と言う言葉が浸透するより前から、格安航空券を提供している航空会社として知られていました。厳密に言うなら、Skymarkは「格安」で航空券を提供しているのではなく、「適正」な運賃で航空券を提供している航空会社になります。では、そもそも適正な運賃とはなんなのでしょうか。

【過剰なサービスをカットした価格】
JALやANAは、スカイマークをはじめとするLCCに比べて航空券の価格が高く設定されていますが、その分サービスが行き届いていますし、座席も長時間のフライトにたえられる造りです。しかしこれ等の快適な空間は、適正運賃にプラスされたサービス料によるものになります。サービスをカットしていけば、スカイマークの運賃こそが適正な価格であると分かります。

【スカイマークは居心地が悪い?】
ならば、サービスのコストをカットして安い値段で航空券を買えるスカイマークは居心地が悪いのでしょうか。実はそんな事はありません。確かに他の大手航空会社に比べれば座席はちょっと狭く感じるかも知れませんが、居心地が悪く感じるほどではありません。機内のデザインやインテリアも決して安っぽい粗末なものではなく、それほど大きくなくても窮屈な印象を受けません。特にスカイ・インテリア仕様機は円みを帯びた優しいデザインで、荷物棚が大容量の割りに圧迫感が無いと言う事で評価が高いです。格安航空券で乗っている事を考えれば、十分過ぎる機体と言えるでしょう。

【スカイマークの飲食物】
格安航空は、機内食はもちろん飲み物も全て有料か自分で持ち込まなければならないと考えている人が多いですが、実はそれも間違いです。ホットコーヒーはちゃんと無料で提供されます。またペットボトルのドリンクやアルコールは確かに有料になってしまうのですが、ペットボトルのドリンクは100円、アルコールは300円から400円と、ものによってはコンビニや自販機で買うよりずっと安いのです。そのため、事前に飲み物を買う事が出来なかったと言う人でも安心して水分を摂取する事が出来ます。

スカイマークに機内食はありません。しかしちょっとしたおつまみやカップ麺の軽食が販売されています。スモークチーズ以外は100円で購入する事が出来るので、小腹が空いている程度ならコンビニでおにぎりやサンドイッチを買うよりは、機内でカップ麺を購入して済ませてしまった方が安上がりです。

投稿日:

手荷物を持ち込む上での注意点

【スカイマークに搭乗する上での注意点】
ANAやJALと言ったメガエアラインに比べて運賃が安く、過剰なサービスが無い事から「移動したいだけ」と言う人には打って付けの格安航空会社がスカイマークです。機内でのサービスを最低限に留め、機内食や飲み物は基本的に有料にする事でチケット代をおさえているので、質の高いサービスを求めているわけではない人や、飛行機の中では取り敢えず眠れれば良いと言う人から高い支持を集めている航空会社です。

しかしそんなスカイマークに乗る上で、気を付けなければならない事があります。それは手荷物の持ち込みについて。スカイマークには手荷物に関して制限があるので、事前に自分が持ち込む荷物は条件をクリアしてるかを確認しておきましょう。

【手荷物を預ける上で】
手荷物は飛行機が出発する20分前までに預ける必要があります。加えて15分前までには保安検査を受けなければならないので、手荷物は時間に余裕を持って預けるようにしましょう。

無料で預けられる手荷物は、一人につき重さが20キロまで、大きさ50cm×60cm×120cmまでと決まっています(ただしスキーボードやサーフボードは例外として280センチまで預かってもらえます)。それ以上は超過手荷物料金を支払わなければならないので、出来るだけ料金をおさえたいと言う方は手荷物の大きさ・重さにも注意をしなければなりません。超過してしまった場合の超過手荷物料金は、10キロごとに1000円加算されていきます。なお重さ100キロ、大きさ280センチを越えるものはそもそも預ける事が出来ないので、楽器などの持ち込みを希望している方は注意しましょう。ちなみに、小さなお子様連れの場合はベビーカーやチャイルドシートなどを持ち込む事になるかと思いますが、その場合は無料で預かってもらえるので安心してください。

【預かり・持ち込みが出来ないもの】
中には預かってもらうどころか、機内に持ち込む事すら駄目と言うものもありますので注意しましょう。例えば旅行先のキャンプ地で遊ぼうと思っていた花火は、実は機内に持ち込む事も出来ません。この他、爆発物やヘリウムガス入りの風船、引火・発火しやすいライター用ガスオイルやキャンプ用のガスボンベなども持ち込みが出来ないので、レジャー目的の方は注意しましょう。なお喫煙を目的としたライターや安全マッチは1つであれば機内に持ち込む事が出来ます。

投稿日:

スカイマークの株主優待券を利用する

【LCCの先駆け・スカイマーク】
日本には大小様々な航空会社がありますが、昨今LCCと言う総称で知られているのが格安航空会社です。service面でコストカットをする事で格安の航空券を提供するLCCですが、その中でも最も古い歴史を持っていると言われている航空会社が「スカイマーク」になります。LCCと言う名称が浸透するよりも前から格安航空会社としての地位を築いていたので、以前から利用していたと言う方も多いでしょう。そんなスカイマークの株主になると、お得に飛行機に乗る事が出来ます。

【スカイマークの株主優待券】
スカイマークでは1000株を有していると、1年で1枚の株主優待券を受け取る事が出来ます。この株主優待券を使用すると、なんとスカイマークの航空チケットを50パーセントオフで購入する事が出来ます。スカイマークは格安航空会社として有名ですが、それでもチケットは往復で数万円になってしまいます。しかし株主優待券を持っていればそんな航空チケットが半額で買えるのは嬉しいですね。スカイマークの航空券であればどの路線でも使用する事が出来るだけでなく、当日購入でも使用する事が出来るので、非常に使いやすい株主優待券であると言えるでしょう。

【株主以外でも手に入れる事が出来る】
そんな便利なSkymarkの株主優待券ですが、実は株主でなくても手に入れる事が出来ます。「株主優待券なのに株主じゃなくてももらえるってどう言う事なの?」と思われるかも知れませんが、必ずしも株主が使用しなければならないと言うものではないのです。そのため、株主が自身の株主優待券を金券ショップやインターネットオークションを通して売却した場合は、第三者が使用する事が可能です。株主から株主優待券を譲ってもらうと言う場合はともかく、ショップやオークションで購入すると当然お金がかかるので、例え航空チケットが半額になるとは言っても劇的に安くなるとは感じないかも知れません。しかしゴールデンウィーク・お盆休み・年末年始と言った、航空チケットの競争率が高く、価格も跳ね上がる時期に利用すれば、ぐっと値段をおさえる事が出来るでしょう。

なお、この方法はインターネット上でも話題になるほど有名なので、ピーク時になるとみんなが求めるため金券ショップに入ってもすぐに購入されてなかなか手に入らないと言う事も珍しくありません。株主優待券を使う予定がある方は、早い段階で購入しておく方が良いでしょう。

投稿日: