人気を集めるスカイマークの秘密

Posted by in SKY MARK

index-21

【LCC スカイマーク】

LCCと言う言葉をご存知でしょうか。ローコストキャリア、つまりは格安航空会社の総称であり、その代表とも言えるのが「スカイマーク」です。不況の影響で冷え込んでいる旅行業界ですが、LCCの台頭でレジャーを控えていた人達も再び旅行に行くようになりました。中でもスカイマークは人気の航空会社になります。

【人気のスカイマーク】

LCCとしての知名度が上がるとともにスカイマークの航空チケットを求める人は増え、最近ではレジャーシーズンになると全路線なかなかチケットがとれないなんて状況になっています。一体何故、それほどスカイマークが人気を集めているのでしょうか。

人気の秘密は、やはり安さです。ANAやJALが快適なサービスや価値のある空間と時間の提供を経営理念としているのに対し、スカイマークは適正な運賃でサービスを提供する事を経営理念としています。ANAやJALを利用した事がある方ならば既にご存知でしょうが、国内大手の航空会社のサービスは本当に素晴らしいです。客室乗務員の教育は行き届き、出される機内食も文句がないものばかり。長いフライトになるので機内では映画が観られたりもしますね。飛行機の旅とは高級感がある快適なもの、そんな先入観を持っている人も少なくありません。しかしスカイマークは、その既成概念を覆す経営方針で空の旅を提供します。

【本当に高級路線が必要か?】

半日も椅子に座りっぱなしにならなければいけないような国際線ならばともかく、たった数時間のフライトしかしない国内線に、果たして今までのような高級路線は合っているのでしょうか。電車の固い椅子に2、3時間座りっぱなしなんて事はよくありますし、その際の暇つぶし用に本やゲーム機を自分で持っていくのは普通の事。食事だって、コンビニで買えば500円以下で済んでしまう。それならいっそサービスをカットしてくれて構わないから金額を安くして欲しい、と言うのが最近の考え方であり、スカイマークはまさしくその希望に添った航空会社なのです。

スカイマークは格安航空券として知られるLCCに数えられる事が多いですが、スカイマークの運賃は「格安」ではなく「適正」と考える方が分かりやすいでしょう。適正な運賃で空の旅を提供する代わりに、価格以上のサービスは提供しない。不況の波を受けてレジャー費用を抑える傾向がある昨今では、そのようなスカイマークの経営方針がピッタリと合うのです。