手荷物を持ち込む上での注意点

Posted by in SKY MARK

【スカイマークに搭乗する上での注意点】

ANAやJALと言ったメガエアラインに比べて運賃が安く、過剰なサービスが無い事から「移動したいだけ」と言う人には打って付けの格安航空会社がスカイマークです。機内でのサービスを最低限に留め、機内食や飲み物は基本的に有料にする事でチケット代をおさえているので、質の高いサービスを求めているわけではない人や、飛行機の中では取り敢えず眠れれば良いと言う人から高い支持を集めている航空会社です。

しかしそんなスカイマークに乗る上で、気を付けなければならない事があります。それは手荷物の持ち込みについて。スカイマークには手荷物に関して制限があるので、事前に自分が持ち込む荷物は条件をクリアしてるかを確認しておきましょう。

【手荷物を預ける上で】

手荷物は飛行機が出発する20分前までに預ける必要があります。加えて15分前までには保安検査を受けなければならないので、手荷物は時間に余裕を持って預けるようにしましょう。

無料で預けられる手荷物は、一人につき重さが20キロまで、大きさ50cm×60cm×120cmまでと決まっています(ただしスキーボードやサーフボードは例外として280センチまで預かってもらえます)。それ以上は超過手荷物料金を支払わなければならないので、出来るだけ料金をおさえたいと言う方は手荷物の大きさ・重さにも注意をしなければなりません。超過してしまった場合の超過手荷物料金は、10キロごとに1000円加算されていきます。なお重さ100キロ、大きさ280センチを越えるものはそもそも預ける事が出来ないので、楽器などの持ち込みを希望している方は注意しましょう。ちなみに、小さなお子様連れの場合はベビーカーやチャイルドシートなどを持ち込む事になるかと思いますが、その場合は無料で預かってもらえるので安心してください。

【預かり・持ち込みが出来ないもの】

中には預かってもらうどころか、機内に持ち込む事すら駄目と言うものもありますので注意しましょう。例えば旅行先のキャンプ地で遊ぼうと思っていた花火は、実は機内に持ち込む事も出来ません。この他、爆発物やヘリウムガス入りの風船、引火・発火しやすいライター用ガスオイルやキャンプ用のガスボンベなども持ち込みが出来ないので、レジャー目的の方は注意しましょう。なお喫煙を目的としたライターや安全マッチは1つであれば機内に持ち込む事が出来ます。