スカイマークの株主優待券を利用する

Posted by in SKY MARK

【LCCの先駆け・スカイマーク】

日本には大小様々な航空会社がありますが、昨今LCCと言う総称で知られているのが格安航空会社です。service面でコストカットをする事で格安の航空券を提供するLCCですが、その中でも最も古い歴史を持っていると言われている航空会社が「スカイマーク」になります。LCCと言う名称が浸透するよりも前から格安航空会社としての地位を築いていたので、以前から利用していたと言う方も多いでしょう。そんなスカイマークの株主になると、お得に飛行機に乗る事が出来ます。

【スカイマークの株主優待券】

スカイマークでは1000株を有していると、1年で1枚の株主優待券を受け取る事が出来ます。この株主優待券を使用すると、なんとスカイマークの航空チケットを50パーセントオフで購入する事が出来ます。スカイマークは格安航空会社として有名ですが、それでもチケットは往復で数万円になってしまいます。しかし株主優待券を持っていればそんな航空チケットが半額で買えるのは嬉しいですね。スカイマークの航空券であればどの路線でも使用する事が出来るだけでなく、当日購入でも使用する事が出来るので、非常に使いやすい株主優待券であると言えるでしょう。

【株主以外でも手に入れる事が出来る】

そんな便利なSkymarkの株主優待券ですが、実は株主でなくても手に入れる事が出来ます。「株主優待券なのに株主じゃなくてももらえるってどう言う事なの?」と思われるかも知れませんが、必ずしも株主が使用しなければならないと言うものではないのです。そのため、株主が自身の株主優待券を金券ショップやインターネットオークションを通して売却した場合は、第三者が使用する事が可能です。株主から株主優待券を譲ってもらうと言う場合はともかく、ショップやオークションで購入すると当然お金がかかるので、例え航空チケットが半額になるとは言っても劇的に安くなるとは感じないかも知れません。しかしゴールデンウィーク・お盆休み・年末年始と言った、航空チケットの競争率が高く、価格も跳ね上がる時期に利用すれば、ぐっと値段をおさえる事が出来るでしょう。

なお、この方法はインターネット上でも話題になるほど有名なので、ピーク時になるとみんなが求めるため金券ショップに入ってもすぐに購入されてなかなか手に入らないと言う事も珍しくありません。株主優待券を使う予定がある方は、早い段階で購入しておく方が良いでしょう。